新病院建設NEWS No.13

【みんなのえがお 2022.5月号より】

順調に工事は進んでいます

2月からスタートした工事ですが、順調に進んでいます。2月から3月中旬にかけては主に杭工事を行い、59本の杭の打設を行ってきました。打設を終えた部分から堀削もスタートしています。

工事現場を見るたびにワクワクするのは私だけでしょうか。単純に重機や土砂、大きな杭を見て迫力があってワクワクするというのもありますが、本当に病院がここに建つのだなと思うと嬉しくなります。

2週間に1回のペースで関係者で打ち合わせを行い、細かな検討を繰り返しながら工事を進めています。

3月上旬時点の新病院建設予定地の様子
ホームページでも新病院工事進捗報告を行っています

病院のホームページにも2月から特設ページを設けて工事の進捗を月に1回報告しています。進捗が全体工程のうちの何パーセントまで進んでいるのか、現在どういった工事を行っているのか、また、定点写真の公開もしています。

こちらのニュースは編集の都合上2か月前の情報になってしまいますので、最新の状況を知りたいか場合は、ホームページをご覧いただければと思います。毎月5日前後には更新する予定ですので、是非ご確認ください。

新病院建設について | 津生協病院
津生協病院は、みえ医療生活協同組合の組合員を中心に保健・医療・福祉(介護)を行っています。
新病院周辺地域の清掃活動

昨年7月号でもご紹介しましたが、毎月1回病院職員と理事で新病院周辺地域の清掃活動を行っています。この活動はずっと継続して実施しており、直近で行った清掃活動には戸田建設の職員の方も参加していただきました。

冬を越えて、気候も暖かくなってきたこともあり、清掃をしていると地域の方と出会うことが増えてきました。「これからよろしくね」、「楽しみにしています」、「掃除してくれてありがとう」などの嬉しいお声かけをいただきます。

今後も月1回ではありますが継続して行っていきます。

(※原稿記載は3月上旬時点でのものです)

文:津生協病院 事務長 岩﨑吉樹

タイトルとURLをコピーしました